2022.01.07 降雪や強風による荷物のお届け遅延について

小紋

髪飾り

小紋とは

小紋とは『全体的に細かい模様があり普段着にもフォーマルにも使える着物』です。外出着、街着等と呼ばれ、幅広く装えるカジュアル寄りの着物もあります。型染めという技法で縞(しま)、絣(かすり)、水玉、絞りなどの模様が施された小紋が多く、同じ小さな模様が全体的に方向関係なく繰り返し入るところが特徴です。また、種類は江戸小紋、京小紋、加賀小紋等があります。細かい単色模様を型染めして色無地風にみせる「江戸小紋」。友禅の技法を取入れ、動植物をモチーフにした大きめの柄がある「京小紋」。絵画のようなタッチで描かれた煌びやかな「加賀小紋」が小紋の代表的な種類として挙げられます。

小紋を着るシーン

小紋の魅力は、カジュアルに着られる着物という立ち位置ながらも、小紋の種類、色、柄、合わせる帯によってドレスアップができ格式高いシーンにも着られる幅広さがあります。 さらに、パーティーやお茶会、ホテルなどでのクラス会、演劇等の観劇などにもふさわしい装いにもなります。なお、江戸小紋は、紋を入れると結婚式などフォーマルな席でも着ることができます。

小紋の種類

江戸小紋

「江戸小紋」発祥は江戸時代の大名が正装時に身に着けていた着物とされています。当時、大名たちは模様の豪華さで張りあっていました。その後、幕府から必要以上に模様を豪華に見せることを規制され、一見すると無地に見えるほどに小さく細かい装飾に変化していった背景があります。大名ごとに使われる模様が固定化していき、以下3種類が江戸小紋三役と呼ばれています。

1.鮫:鮫肌のような細かなデザイン。遠目に見ると無地に見える程の細かさが特徴。
2.行儀:小さなドット柄で、行儀よく斜めにお辞儀をした形が由来とされています。
3.角通し:小さな正方形が縦横に連続して配置されています。縦にも横にも筋を通すという意味を持ちます。

小さな模様をあしらうためには緻密な作業が必要で、当時は非常に高度な技術力でした。
本来の江戸小紋は素材は絹のみ、色は単色という決まりがあります。一方で、現在は従来の技法を使いながらも、さまざまな素材や色を組み合わせた新しいジャンルも誕生しました。

京小紋

「京小紋」は京都で広まり地位を確立しました。型染めと京友禅の技術を融合させたもので、明治時代に流行したとされています。現代においてもハンドバッグなどに同じ技法が使われるなど、時代を超え長く愛されています。模様の大きさが比較的大きいのが主流であり、華やかな印象を与えるのがポイントです。複数の型紙を使用して染められており、彩りも鮮やかです。

加賀小紋

「加賀小紋」は京小紋に影響され現在の石川県で生まれたと言われています。手描き友禅と型友禅という2つあり、どちらも加賀友禅の技法が使われているのが特徴とされています。刺繍や金箔加工を使わないため、江戸小紋と比べ優しく気品の高さを感じさせます。

関連アイテム

草履/下駄

バッグ

ヘアアクセサリー

帯締

帯留/根付け/羽織紐

;